歯科医院に通っていて幸せを感じる一言

長い人生の中で多くの人と出会いましたが、これまでに「歯科医院が好き」という人は聞いたことがありません。
誰だって、あの歯を削るキーンという甲高い音と、歯に伝わる振動、ふいうちにくらう痛み、そんな恐ろしい行為が目と脳の近くで行われているのですから。
最初はたった1本の歯に痛みがあっただけです。しかも「まだイケるかも、気のせいかもしれないし」そうやって時間は稼いだつもりです。
それでもやっばり気のせいではなく虫歯なのだろうと確信した時、ようやく歯科医院へ予約の電話をいれるのです。
たった1本の虫歯治療だから、そんなつもりで歯科医院の扉を開けたら最後、治療が終わって会計の時「次回の予約をお取りしますね」と受付の若い女性が微笑むのです。
その日、歯の型をとり、詰め物の完成を待っているならば次回の予約はわかるけれど、詰め物を詰めた日に言われると「次回って、また来るのか」と気持ちが暗くなります。
そうやって次の1本、また次の1本と治療するうちに、気づけば数ヶ月が経っていることもあります。
そしてようやく私が歯科医院へ通っていて、幸せを感じる日がやってきます。
受付で次回の予約なんですが、と予約の話をされることにも慣れてきた頃、不意にやってくる幸せを感じる一言。
それは「今日で治療は終了になりますので、また何かありましたらお電話ください。お疲れ様でした」と微笑んでくれる受付の女性の一言です。
歯科医院からの解放、治療からの解放、まるで体が軽くなったかのように幸せを感じます。セブンデイズカラースムージーを飲んでいます。

子供と一緒に寝る時間が一番幸せ

私は子供と一緒の布団で寝ています。
子供が寝る時間に一緒に布団に入り、子供が寝入った頃に私は布団からそっと抜け出して、残った家事をしたりテレビを見たりします。
もう何年もこのパターンで寝かしつけていますが、
冬場は子供のぬくもりが本当に気持ちいいです。もうすぐ寝入るなぁと感じる時はちょっと体温があがり、
何とも言えないちょうどいいあたたかさになり、いつまでもくっついていたい、布団から出たくないぁと思います。
家事など終えて、自分も寝る時間になり、布団に入る時がさらに至福の時で、子供のぬくもりが布団をあたためてくれているので、
あたたかい布団に入り込み、子供にピタッとくっつく瞬間は幸せだなと思います。
一日たくさん動いてしゃべって、ノンストップだった我が子が、
すやすやと寝ている顔は、こちらの気持ちも穏やかに、優しい気持ちにしてくれますし、
それと同時に、あんな些細なことでなんで注意したのか…など反省させてくれます。
日中、あれこれ考えて、家事や育児をし、イライラしたりもしますが、
この布団に入ってくっついているだけで浄化されてしまうのです。子供は偉大です。
また、どこを触ってもすべすべでプリプリなお肌と適度なぬくもりが相まって、
手足はいつまでも触っていたいと思うほどの癒しです。
ちょっとだけ汗をかいた頭のにおいをかぎ、いつものにおいだな~とホッとします。
子供と一緒に布団に入っている時間が、一日を終えた私にとって最高のご褒美です。ドモホルンリンクルの無料お試しセットを評価してみました。

ブランドのために交際を続けた日々

若い頃はとにかくブランド品が大好きで、年上男性とばかり交際し、誕生日やホワイトデーにはいつもブランドバッグをもらっていました。
そんな中、自分で会社を立ち上げたという彼に出会いました。大きな会社ではないものの、一応社長ということで頑張っていました。
私は頑張っている彼に惹かれ、交際をスタートさせました。

ですが、交際していくうちに彼への愛は徐々に冷めていきました。
週末は必ず二人で家の掃除、潔癖症なのでほこり一つでもあればキレる、バツイチで前妻と比べて私を貶す、仕事を頑張った日はキャバクラ、という彼の性格、生活に不満が募り、
私はもう彼からもらうブランド品を楽しみにして、そのためだけに一緒にいる生活になっていました。

大学生だった私にとって他人の家を掃除するのは苦痛以外の何物でもなかったです・・・
それに今まで親にしか怒られたことがなかったのに、何で他人から自分の性格や生活のことで説教されなきゃいけないんだとも思っていました。

そもそも、前の奥さんをそんなに褒めるなら何故別れたのか、やり直せばいいのではないかなと思っていたので、
私は友達と遊ぶといつも彼との幸せ話ではなく、彼の悪口ばかり言っていました。

そんな彼とはやはり続かず、誕生日にブランドのバッグをもらって別れました。
私はひどい人間だと思いますが、顔もタイプじゃないのによく我慢して交際を続けたなと正直褒めてあげたいくらいです。
結局すぐに質屋に行ってブランドバッグ、売って来ました。

時間はお金にかえられないくらい大切だということが今はよくわかっているので、今もし彼のような人と出会っても絶対交際はしませんね。http://xn--zck3a3azd6b4f.net/

私の小さい頃の夏の思い出

私がまだ4,5歳の頃の夏の思い出を書いてみたいと思います。その頃、私の母は弟を妊娠していて出産の為に私を連れて実家に帰っていました。私には4,5歳位うえの従兄のお兄ちゃんがいるのですが、夏休み期間たくさん遊んでもらいました。ほとんど毎日ですが朝起きたら、涼しい内に山に行ってカブトムシとかの虫とりに連れて行ってもらっていました。今と違って虫が多くてクヌギの木を蹴ったらカブトムシ達がゴロゴロ取れていました。家に帰ったら祖父が遊んでくれます。私は祖父が大好きだったので、いつもついて回っていました。夜は毎晩花火大会です。実家の前には小さな川があったのですが、その河原で手持ちや打ち上げ花火をして遊びました。花火が終わる頃、従兄のお兄ちゃん達がわざと私だけを残して先に帰っていました。私は怖いのもあったのですが泣いたら祖父が迎えに来てくれるのを知っていたので、祖父が迎えに来てくれるまで泣いて待っていました。祖父が来てくれたら肩車をして連れて帰ってくれます。その後、祖父とお風呂に入って祖父と一緒に寝ていました。祖父と歌を歌いながらや話をしながら寝ていた事を覚えています。ある朝、起きたら誰もいません。家中探しても誰もいません。母が出産の為に病院に行った為でしたが、一人で寂しかった私は近所の家に行って「誰もいないの」とつぶやいて歩いたそうです。近所の人たちも私の存在を知ってくれていたので「おばちゃんの所にいてもいいよ」と数時間、面倒を見てくれた事を覚えています。次の日に生まれたての弟に会いに行ったのですが、母がいなかった寂しさから弟を見る事はせずに母から離れなかった事を思い出します。この年までは夏休み期間中、実家にいた事を覚えています。やさしかった祖父に会いたい気分になりましたビアンコロール|口コミで効果が高いと評判の理由は?

私が幸せと感じる日常の一部(生活・趣味・仕事)はこんなものです

【生活面】
食べることが好きなので、お気に入りのデザートを食べているときや晩ごはんで好きな料理が出たときです。お腹が減っていると、匂いを嗅ぐだけで生きている楽しみだと思えます。
自宅で初老の犬を飼っているのですが、とても老いた犬には見えなくご飯もガツガツと食べています。また、ご飯がお茶碗にないときに物凄くゴソゴソとし、軽快なステップを踏んでいるのでまだまだ一緒に生活できることが幸せです。

【趣味面】
スマホゲームで遊んでいる中で期間限定のイベントがあります。期間内は通常クエストよりも、仲間と協力し合って難易度の高いクエストに行けることです。それで、仲間から信頼を得ていますので、「〇〇さん一緒に来てくれますか」とチャットで聞かれ、同盟の人たちとクエストへ行きクリアしたとき充実感を味わうことができています。
好きなテレビ番組を観ている際、興味のある企画が始まるとワクワクします。笑いながら楽しめるテレビ番組がまだ生き残っていることに嬉しさが滲み出ます。
私には好きな歌手がいます。新しいCDが発売されたときやイベント(ライブ)などが発生するときにテンション上がります。実際に会える機会がありますと、ファンの人たちと交流ができ、好きな人たちならではの会話ができることが醍醐味です。

【仕事面】
私が受け持つ業務を行っている際、何かしらの課題にぶつかってしまいます。誰もが経験することだと思います。その課題から抜け出す策を考えているときも、生き生きしています。また、考えた案をいざ試してみた時も新鮮さを感じることがあります。そのアイデアを使いうまくいったときは、経験値が少し上がった気がし遣り甲斐を感じます。セックスしたい女性はどのくらいいる?